女性に多い抜け毛のパターンはこれ

若い女性に増えている抜け毛

20代から30代の若い女性に抜け毛で悩む人が増えているそうです。実は私もそうでした。今まではどちらかというと髪が多くて扱いに困るほどでしたが、30代になって朝起きて枕カバーを見ると抜け毛がいつもより多い、ブラッシングした後、落ちている毛が多くなったように思ったのが始まりです。特に原因も心当たりがなく、シャンプーが合わなくなったのかなと思い、変えてみたりしていました。女性の抜け毛のパターンはいくつかあるのがわかり、自分はどのパターンなのかを突き止め、それに合わせた対策をしないと治まらないのです。

女性に多い抜け毛のパターン

女性の抜け毛の原因は、びまん性脱毛症や牽引性脱毛症、また脂漏性皮膚炎による脱毛があります。びまん性は、若い女性に多い症状で、部分的ではなく髪全体が薄くなってくるものです。ひどくなると地肌が透けて見えるほどになります。牽引性は、ポニーテールなどで髪を後ろに引っ張ったりしていたために引っ張られたところが薄くなってくるものです。そして脂漏性皮膚炎は、頭皮がかゆくなる、ただれる、大量のフケが出るなどの症状があり、抜け毛が増えるものです。

抜け毛の原因と解決法

女性の抜け毛の原因は、加齢によるものや更年期、妊娠などによるホルモンの変化、FAGAという女子男性型脱毛症、ストレス、無理なダイエット、睡眠不足、シャンプーのし過ぎなどが考えられます。私の場合は頭皮にかゆみがあったので脂漏性皮膚炎によるものと考えられ、その治療をしました。そして他にはストレスや睡眠不足、シャンプーのし過ぎなど思い当たる点があったので生活習慣を規則正しいものに変えるようにし、なるべく夜は早く寝るようにしました。シャンプーも、頭皮がかゆかったのでつい頻繁に洗い、さらにゴシゴシと洗いすぎていたようで、アミノ酸系シャンプーに替え、1日1回洗うだけにしました。育毛剤も使ってみてようやく落ち着いてきました。まず自分の抜け毛の原因を知り、それに合わせた対策をとりましょう。