納得!なぜ抜け毛起こるのか毛根で判断できるの?

これは問題ない!自然脱毛とはどんなもの?

抜け毛と言っても、皆誰でも毎日起きているものです。これを自然脱毛と言います。この自然脱毛による抜け毛は、毛根が白いという点もポイントですので、覚えておきましょう。人間の髪の毛には、成長期と退行期、そして休止期と言うサイクルがあります。この中の退行期や休止期に、自然と髪の毛が抜けます。抜け毛の毛根が白い場合には、成長が終わった髪が抜けたのだということなのです。

ヘアサイクルが狂ってしまうと、成長途中で抜けることなどが起きてしまいます。あなたの抜け毛を見てみて、毛根部分がマッチ棒のような膨らみを持っていたら正常な自然脱毛と言えるでしょう。危険度は薄いと考えられます。抜け毛による薄毛は、原因が様々あるものなのです。よって、ストレスが原因の方はストレスを溜めない様にするなど、その原因にマッチした対策をピンポイントで行うことも、改善の糸口になるでしょう。

一番危険信号はこれ!そもそも毛根が見当たらない!

ハラリと抜けた髪の毛を拾いあげてみたら、あれ、毛根がない…ということがあるかもしれません。こうなっていたらもういち早く対策を講じなければいけないでしょう。髪の毛がとても弱くなっていることも考えられます。毛根がないという状態になる以前には、この様になってしまうまでの過程というものもあるので、普段から自分の抜け毛の状態には気を配っていく必要があるのです。

さらに、何だか皮脂のようなものが毛根に付着していることがあります。この状態は、要らない皮脂が分泌されていて、毛根に付いてしまっているのです。皮脂が分泌され過ぎてしまうと、毛根を塞いでしまうことがあるので、育毛にとっても悪影響を及ぼしてしまうことがあるでしょう。

こんな毛根も注意が必要!

毛根があまり膨らんでおらず、形も良くない場合も幾分注意をした方が良いでしょう。膨らみが小さいと髪の毛の組織が活性されていないということになるのです。また、毛根の膨らみが小さいことを通り越して膨らみ自体がなくなってしまっていると、髪の毛に栄養が行き渡っていないと言えるでしょう。

また、太さがあり短めの毛根であった場合は、頭皮が乾燥してしまうことで、硬くなっていることが考えられるでしょう。さらに、ストレスを抱えていらっしゃる方は毛根が黒い色になっていることがあります。これは、ストレスによって血流が悪くなっているからです。こうしたケースでは、ストレス対策が必要になるでしょう。

コレ大事!ストレスが抜け毛に関係あるって本当?

何で抜ける?ストレス抜け毛の原因について

ストレスが溜まると、まず自律神経が乱れを生じてしまい、機能も悪くなり血流まで悪くさせます。また、ストレスがかかっている体というのは、少なからず緊張をしているものなので知らないうちに力んでしまっているものです。ストレスによって血流を悪くすることから、頭皮を固くするという影響を与えてしまいます。ストレスというのは、男性ホルモンを多く分泌するものなので、ホルモンバランスも正常ではなくなるので、皮脂が過剰になってしまうことがあります。

皮脂が多いということは、頭皮にとっては良いことではないのです。さらに、睡眠不足もストレスが原因の1つとなります。髪の毛は寝ている間に育つので、睡眠不足になってしまうと、髪の毛もなかなか育てなくなってしまいます。そして、ストレスによって活性酸素が増えることにより、体の動きもいつもより悪くなってしまいます。活性酸素を取り除くために亜鉛が体内で用いられることから、亜鉛が足りない状態になり、抜け毛が多くなることがあります。

どうなるの?ストレスで起こる抜け毛の特徴とは?

ストレスが原因で起こる抜け毛の特徴と言えば、いつもは白くて膨らみのある毛根の色が、いつもと違って黒く丸みがあるはずの部分が全て同じ太さだということや、いきなり大量に抜けてしまうということがあります。なぜストレスがある毛根は黒いのかというと、これはメラニン色素なのです。メラニン色素が髪にあるからこそ、日本人の髪は黒いのです。

しかし、ストレスによってメラニン色素を生成しているメラノサイトという細胞に異常が発生していることが言えるのです。それが原因で、ストレスがかかっていると毛根はメラニン色素で黒くなってしまうのです。さらに、ストレスによって抜け毛は、円形脱毛症などを起こすことも一般的と言えます。そういった方の場合も、いきなり大量にまとめて抜けてしまうという特徴があるので、覚えておきましょう。

今日から実践!抜け毛を改善するためのストレス解消法とは

以上のように、ストレスが抜け毛を引き起こす原因となり得るということがおわかりいただけたでしょうか。抜け毛を防止するためには、やはりストレスを溜めないようにすることが大事なのです。ストレスを解消することで、抜け毛も治まる可能性があるのです。

そのためには、ゆっくりとお風呂に入ってリラックスをするのも良いですし、カラオケが好きな方なら、カラオケで思い切り歌うというのも1つの方法です。ほっと一息できる時間や、すっきりとできる時間というものを作るとストレス解消ができ、抜け毛をも防止できるのではないでしょうか。

どれが良いの?抜け毛を防止するサプリについて考えた

足りていますか?亜鉛も抜け毛対策に打ってつけ

亜鉛という成分がありますが、亜鉛も髪の毛にとって大切な要素です。亜鉛が不足すると抜け毛も増加してしまうので、亜鉛は十分に摂る必要があるのです。また、他の髪の栄養が足りていたとしても、亜鉛が足りないとそのせいで栄養が髪の毛に反映されないということが起こってしまいます。なぜ髪に吸収されないのかと言うと、食物繊維などを摂ることで、その食物繊維と共に排出されてしまうということなどが挙げられます。また、ストレスや激しい運動後などには亜鉛の消費量が上がります。

亜鉛をサプリによって補うことも可能ですが、その際には必ず食後に飲むことを忘れてはいけません。さらに、一気に多く飲むことはせず、食事時などに分けて飲むことが望ましいです。一気に飲んでしまうと、頭痛や吐き気といった症状が現れることもあるのです。長い期間をかけて亜鉛サプリを飲むなら、ミネラルやビタミンも一緒に摂りましょう。

ぜひ試そう!ノコギリヤシとリコピンも適してる!

ノコギリヤシという植物をご存じでしょうか。アメリカ南東部が原産となっているヤシ科の植物です。ハーブの種類でもあります。中年以上の男性に好まれているのが、ノコギリヤシとリコピンを配合したサプリなのです。AGAが原因の抜け毛の元となる、DHTという物質を防いでくれる効果も期待できます。また、トマトにも含まれるリコピンが配合されているので、抗酸化作用もある点も注目です。

最新の育毛剤はサプリメントをセットで使用するタイプが主流のようです。サプリメントにはDHTを防ぐノコギリヤシの他、亜鉛やフィーバーフューなど毛髪の成長に役立つ成分が含まれています。
最新版!男性用育毛剤おすすめランキング

リコピンは血流を良くしてくれるので、そのために頭皮に栄養が届いてくれることが期待できるでしょう。個人差はあるものの、リコピンのおかげで抜け毛が治まってきたという方もいるのです。

髪に大事な要素がたっぷり!アミノ酸サプリも欠かせない

髪の毛というのは、ケラチンという、18ものアミノ酸からできているタンパク質が元となっています。ということは、アミノ酸自体が足りなければケラチンが生成できず、髪の毛も作られないということになってしまいます。アミノ酸の中でも必須アミノ酸は人の体内で作られないので、食事やサプリを用いて補うしかありません。18あるアミノ酸の中でも、特に大事なアミノ酸はメチオニンと言います。

その他にも、髪や地肌が再び作られるために必要なシステインや、アルギニンといって血管を拡げてくれて血流を良くしてくれる成分など、発毛に大事なアミノ酸は様々にあるので、抜け毛を防止したいなら、ぜひアミノ酸のサプリを試すことがおすすめと言えます。

抜け毛が多くなった?!気になる対策とは

お風呂上りに髪の毛を乾かし、振り返ると、床に落ちている抜け毛の量に驚いたり、シャンプーをしながら、手にまとわり付く髪の毛の量が増えて戸惑ったり・・・
そんな事がありませんか?
気付かないうちに抜け毛の量が増えている。
『抜け毛症』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
脱毛症は何度も耳にしたことがあるのですが、抜け毛症という症状があるのは知りませんでした。

脱毛症にも言えることですが、抜け毛症の原因として、ストレスが挙げられるそうです。
社会でのストレスや対人関係。
ネット社会が浸透し、誰かと話したりするより、家に籠もって。パソコンに向かえばなんでも解る時代です。
気を遣って人付き合いをするより、家にいるのが楽でよい。と言う人も増えているのではないかと思います。
そのため、少し外へ出ると、大きくストレスを感じてしまったり、会社で上手くコミュニケーションがとれず、それがストレスとなったり・・・。
個人的には、そう感じるところもありますが。

原因はそれぞれ、色々あると思いますが、では、対策としてどんなことをしたら良いのでしょう

まずは食事です。髪の毛に良い食品、と言うのがあるのですが、『亜鉛』『鉄分』『ビタミン』を多く摂取できる食品がそれです。
卵・大豆に含まれるたんぱく質、レバーなどに含まれる亜鉛や鉄分、うなぎに含まれるビタミンA・ビタミンB2などです。また、海草に含まれるミネラルも大切な栄養素といえるでしょう。
こういった、髪の毛の原料となる栄養素を多く取ることは必須と言えるでしょう。

次に、タバコやお酒を控える、と言うことです。
髪の毛に栄養を送るためには、血行を良くして、頭皮に十分な栄養を送ってあげることが大切です。
タバコは毛細血管を収縮させるため、頭皮への栄養が行き渡らなくなります。
また、少量のアルコールは血行を良くする印象がありますが、大量に摂取すると、アルコールを分解するために体が機能するので、そちらへエネルギーを使い、頭皮まで栄養が回らなくなる可能性があります。
ですから、タバコやアルコールの摂取は出来るだけ抑えてあげることが大切と言えるでしょう。

ほかには、睡眠をしっかり取る。これは、細胞の分裂が活性化されるといわれる、22時~2時に眠っていることで、効率よく髪の毛の成長を促すことに繋がります。

また、シャンプーの仕方も抜毛対策に繋がります。
頭皮の汚れを優しく落とし、シャンプーやコンディショナーをしっかり洗い流す!と言うことです。荒い残しがあると、皮膚のトラブルに繋がるので、髪の毛が抜けやすくなり、抜け毛症へ繋がる可能性があります。

以上を踏まえ、早い段階から、髪の毛に気を遣って、抜け毛を予防してみてください。

気を付けて!シャンプーの方法も抜け毛に繋がる危険性がある

洗いすぎてない!?シャンプーのし過ぎで抜け毛が!

シャンプーは、し過ぎれば良いというわけでは決してありません。シャンプーの回数が多ければ多いほど、洗い過ぎとなり、抜け毛を増長してしまいます。シャンプーは、1日で1回が適正ですので、覚えておきましょう。1日に数回も洗っていたとしても、皮脂が多いということになりかねません。頻繁に洗っているのに、なぜ皮脂が多いのでしょうか。それは、洗い過ぎが原因で皮脂を増やしてしまっているからです。これが、抜け毛の原因を作っていたのです。

これがコツ!抜け毛を出さないシャンプーの仕方とは

シャンプーをする際には、あらかじめ髪の毛を濡らしておくことが大事です。乾いた状態の髪にシャンプーを付けてしまうと、ダメージの元になるからです。髪を濡らすことで、シャンプーが髪の毛に入り込んで、ダメージを引き起こすことを防いでくれるでしょう。また、シャンプーは泡立ててから髪に付けるようにすると、ダメージを回避できる可能性があります。さらに、爪を立てて洗うと皮脂の分泌を促してしまうことになりますし、頭皮を痛めることがありますので、指の腹を使って優しく洗うことを心掛けましょう。そして、すすぐ際も十分にシャンプーを洗い流すようにすることが大事です。

また、シャンプーをした後はきしきしとした感じを無くすためにリンス等をすることが通常でしょう。その際には、リンスではなくコンディショナーを使用するようにしましょう。髪の毛を滑らかにしてくれる効果が、コンディショナーの方が強いからです。付ける時は、まんべんなく髪に付けるようにしましょう。

これはNG!朝シャンは控えるべき

朝にシャワーを浴びて洗髪をすることを朝シャンと言います。お忙しい方などで、朝シャンをしてからお仕事に向かわれる方や、朝シャンが好きな方もいらっしゃるでしょう。しかし、抜け毛を防ぎたいのなら朝シャンは控えるようにすることが望ましいのです。夜にシャンプーをすると、寝ている間に髪が育ってくれるのですが、頭皮が汚れたまま寝てしまっては、栄養などが髪の毛に行き届かないので、朝シャンを控えるべき理由の1つなのです。

また、朝にシャンプーをすることによって頭皮にあるべき皮脂が取り除かれてしまうことで、頭皮が守られなくなってしまいます。よって、紫外線などに頭皮が晒されてしまうという状態になるのです。髪の毛を守るためにも、1日1回寝る前にきちんとお風呂に入りましょう。

注意しよう!抜け毛が起こってしまう病気がある!

男性でも注意!膠原病について

膠原病というのは、女性の薄毛の要因ともなる病気です。しかし、男性であっても注意をしなければいけません。膠原病は難病の指定ともなっていますし、治すことも簡単ではない病なのです。全身性エリテマートデスや慢性関節リウマチ、そして多発筋炎、皮膚筋炎などの、自分の免疫機能が異常を起こすことによって、発病してしまう病気を総称したものです。

37度ほどの熱が続いたり、発疹が出るなどの症状がありますが、抜け毛も主な症状です。血液検査や尿検査で調べ、治療に関してはステロイド剤などを用いて症状を和らげるといった方法が採られますが、長時間日光に当たらないなどの対処法などもあります。膠原病の中でも、全身性エリテマートデスは若い20代の方に多く、脱毛も最も起こり易い病気です。

髪の成長に影響も出る!甲状腺ホルモンの異常とは

甲状腺は、首の前方の喉仏の下方に位置しています。体の新陳代謝を促してくれるホルモンが分泌されるのが、甲状腺です。しかし、そのホルモンに異常が出ると、甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症などの病気になってしまいます。甲状腺の病気も女性の方が罹り易いのですが、男性だからと言って安心はしていられません。甲状腺の異常によって髪の毛が急に抜ることもあるのです。

甲状腺のホルモンは髪の成長にも影響するので、ホルモンの機能が低下してしまう甲状腺機能低下症の方が、脱毛を起こしやすいと言えるでしょう。もし、髪の毛が抜けるだけでなくだるくなる、顔などがむくんでしまったなどの症状が出たなら、甲状腺機能低下症の可能性があるので、迷わず病院を受診しましょう。甲状腺のホルモンを足してあげることで、症状が回復することが考えられます。

抜け毛にもなる!貧血は男性も要注意

男性の場合ですと、貧血にはあまりならないようなイメージもあるかもしれません。しかし、男性が貧血にならないということではないのです。貧血というのは、抜け毛を誘発するということをご存じでしょうか。また、貧血になると内臓の疾患にも関わってくる可能性もあるので、十分注意が必要です。

貧血とは、血液の中の赤血球やヘモグロビンが足りないという症状です。鉄分が不足していることでなってしまう、鉄欠乏症貧血になってしまう方もいますし、男性であれば、偏食や極端にダイエットをすること、内臓から習慣的に出血してしまうことによる貧血に注意をする必要があります。育毛には酸素が必要であり、その酸素を頭皮の毛根に運ぶには、赤血球の力が大切ですので、貧血には気を付けましょう。牡蠣やレバーといった、鉄分の多い食品を摂ることも非常に大事です。